都立高校 完璧を目指す勉強法 都立の入試で80点以上得点するには?

学校の成績が、素内申で9教科36〜、模擬試験の偏差値が55〜くらいの受験生向けのページです。

目標
内申点 素内申で40以上。 主要5科目はオール5

都立の共通問題で、80点以上。

本番で80点以上を取るには、ミスをせずに、応用問題まで正確に解く必要があります。

勉強の方針

1 定期テスト前も、受験勉強を継続する。
定期テストの勉強に時間をかけすぎると、受験レベルの勉強をする時間が、どうしても少なくなってしまいます。塾や通信教育を利用している場合は、定期テスト前でも、休まないようにしましょう。独学で勉強している場合は、入試レベルの問題集で、テスト範囲の入試問題を解くといいと思います。


2 定期テストでは、細かい点まで網羅する。
主要5科目がオール5の生徒さんは、細かい点まで真剣に取り組んでいます。例えば、配布されたプリントの隅々まで暗記したり、記述問題を添削してもらって直された点を質問するなど、1点でも多く得点できる勉強をしましょう。


3 冬休みまでに、総ての単元を予習しておく。
成績上位者向けの塾では、
遅くても中3の11月頃には、総ての範囲を終わらせます。そうでないと、複数の単元の知識を組み合わせる問題や、数学の発展問題を演習する時間がなくなってしまうからです。独学で勉強している場合は、学校のワークなどで、どんどん予習しましょう。


4 大量の入試問題を解く。
成績上位者でも、三人称単数や同音異義語など、意外と初歩的なミスをしてしまうものです。ミスをなくすには、とにかく量を解くことが必要です。また、80点以上を目指すには、どのような問題にも対応できるように、様々な入試問題を知っておく必要があります。下記の問題集は、都立の上位校を目指す方におすすめです。

 ハイクラス徹底問題集 文理   「徹底確認」「実力完成」を解けば、標準的な問題パターンは大丈夫です。
 本田式 中学英語マスター 速読長文 文藝春秋  都立高校の長文問題にぴったりの問題集です。 
コツシリーズ(「数学 関数のコツ」 など)  秀英ブックス  秀英予備校の問題集です。分野別に入試レベルの良問が集められています。特に、関数や平面図形がおすすめです。 
 全国高校入試問題正解 分野別過去問
(数学、理科)
旺文社  公立高校の入試問題を、単元別に、徹底して問題練習するのに適しています。 
グループ作成校の過去問    日比谷など、グループ作成校の英語や国語では、出題形式は共通問題に近いですが、問題量が多いです。グループ作成校の入試問題で、時間切れにならないレベルになれば安心です。 

間違えた点は、受験直前に見直せるように、ノートにメモしておきましょう。計算ミスや英文法の間違いなど、ちょっとしたことでも、軽く考えないでください。ちょっとしたミスで、文字式の証明や、自由英作文など、配点が高い問題を落とす可能性もあります。

数学では、解法をフローチャートにしてまとめたり、とらえ違いをした点(垂線でない線を垂線と誤認した、など)をメモしておくと便利です。

5 記述問題の添削をしてもらう
数学の証明問題、国語の作文、英作文などは、必ず添削してもらい、書き直しをしましょう。答案と、模範解答が異なったとき、「本当に自分の答案は間違っているのか」「なぜ模範解答の方が優れているのか」を納得いくまで考えましょう。

兼学通信Top
お電話 03−6315−7004 メール jyukutyo@kengakujyuku.sakura.ne.jp