都立高校受験の兼学塾

ご挨拶
 兼学通信は、東京都北区西ヶ原の兼学塾が運営しております。兼学塾は家族経営の小さな個人塾です。通信教育も、生徒さん1人1人の学力を把握し、個別対応できる人数で行っています。

 兼学通信では、「やる気を引き出す」のではなく、「やる気がある生徒さんが、経済力や学力に関係なく十分な勉強ができる」教材を目指しております。そのため、ダイレクトメールなどの宣伝広告を極力少なくしたり、勉強と直接関係がないサービスは省き、いただいた受講料を、教材開発や添削に生かしていきます。

兼学塾は、小規模な塾ですが、その分、お客様の個人的な事情に合わせることも可能です。ご心配な点、ご要望などは、ご遠慮なくお申し付けください。

兼学塾 須之部薫

通信教育を始めた目的
 兼学塾では、学費が安く、しかも小規模な塾なので、毎年、秋以降は定員に達してしまっています。極力、中3で切羽詰まっている方は受け入れていたのですが、2013年、2014年は、受験生でもお断りしなければならないことがあり、申し訳ない思いで仕事がストレスになっていました。万が一、他で相性のいい先生に出会えなかったとしても、十分な受験勉強ができるように、自学自習ができるようなサービスをご提供したいと考えました。

 2つめの理由は、兼学塾の塾生向けに、勉強のやり方や、演習問題を、ネットにアップしたかったということです。兼学塾では、月末に一人一人に勉強の進め方について手紙を書いています。ただ、思春期の生徒さんは、手紙という形でメッセージを送っても、反発してしまうことがあると思います。多くの人にも読んでもらえるクォリティーで、自宅でも教材や受験情報を見られるようにすることで、やる気を出したときに、自分で勉強を進められるようにしました。

 3つめの理由は、日頃から現在のような塾のあり方が続くか疑問に感じており、将来が不安になったからです。現在、公教育でも補習や少人数教育が普及し、無料で受験に対応した授業をするNPOもできて、塾の存在意義はなくなってきています。また、家計の所得の減少や、90年代以降の移民の増加など、社会状況の変化に、塾が十分に対応しているわけではありません。現在の兼学塾とは違う形で、安価で個別の事情に合わせたサービスをつくっていきたいと考えました。

 このように、兼学通信は、非常に個人的な動機で始めているので、大手企業とは異なる点も多く、お客様の期待とは違ってしまう点もあるかもしれません。ただ、答案やご要望を受け止めながら、よりよい通信教育を運営していきたいです。


兼学塾の連絡先

電話番号 03−6315−7004
FAX 03−6666−5363
メールアドレス jyukutyo@kengakujyuku.sakura.ne.jp
所在地 東京都北区西ヶ原4−10ー10




兼学塾HP

兼学通信top